自然素材の注文住宅なら茨城県全域対応の工務店
エフリッジホーム

tel.0291-32-3139

2016.04.12

ブラック系の塗り壁とレンガは相性がいい

遠峰慶光

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日は『相手は自分を映す鏡』を学びました。

自分自身のことはわからないもの。

相手を通して、自分自身に気づくことが重要だと学びました。

相手を通して見えることは、自分自身にもあるもの。

そこから自分の至らないところを直したり、反面教師として学ぶことができます。

人が変わるには、他人からきっかけをもらったり、相手を通して自分自身を見ることが必要です。結局、自分は自分でしか変えられと思います。

相手を変えようとしても変えられませんから、そこに固執しすぎると、相手のせいにしたりするようになってしまいます。

自分が変わった方が早いと思いました(^^)

さて今日は『ブラック系の塗り壁とレンガ』についてのお話です。

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日は『相手は自分を映す鏡』を学びました。

自分自身のことはわからないもの。

相手を通して、自分自身に気づくことが重要だと学びました。

相手を通して見えることは、自分自身にもあるもの。

そこから自分の至らないところを直したり、反面教師として学ぶことができます。

人が変わるには、他人からきっかけをもらったり、相手を通して自分自身を見ることが必要です。結局、自分は自分でしか変えられと思います。

相手を変えようとしても変えられませんから、そこに固執しすぎると、相手のせいにしたりするようになってしまいます。

自分が変わった方が早いと思いました(^^)

さて今日は『ブラック系の塗り壁とレンガ』についてのお話です。

塗り壁のブラック系

以前から気になっている塗り壁のブラック系。

個人的には『漆喰』のホワイトもいいのですが、このブラック系も大好きな色のひとつです。

ブラック系の塗り壁に本物のレンガの相性はたまらないものです。

ブラック系の塗り壁がサイディング材になってしまうと、せっかくの外観の質がとても残念な感じになってしまうと思います。

やはり『素材の相性』は重要要素です。

どんなに頑張ってもここを外してしまうと、残念な感じになってしまうと思うわけです。

それにしても画像の建物はストライクでした!

ではでは。

代表取締役社長

遠峰慶光

1976年10月15日遠峰家の長男として生まれる。
小中高校時代は野球に打ち込み、挨拶・礼儀・人間関係の大事さを学ぶ。
鹿島学園高校を卒業後、大学に進学し、東北の輸入住宅メーカーに2年間修行する。
25歳の年に地元茨城県に戻りエフリッジホームに入社。
ミッション『居心地の良さをつくりたい』を掲げ、僕たちが考える居心地のいいおうちつくるため日々奮闘中(^^)!

資料請求 イベント

家づくり
毎日開催中!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら
何でもご相談ください。

平日に
じっくり相談

平日じっくり
相談会

夕方仕事
終わりでも

平日夕方
相談会

ご家族と
一緒に相談

休日充実
相談会

スタッフ紹介STAFF 会社案内COMPANY よくあるご質問FAQ 資料請求DOCUMENT REQUEST