自然素材の注文住宅なら茨城県全域対応の工務店
エフリッジホーム

tel.0291-32-3139

2016.10.27

板を横に貼ってみる

遠峰慶光

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

会議などのファシリテーターや進行の役を担った時、それはもしかしたら初めての経験かもしれません。

できない、わからないのは当たり前。

しかしながら今までその役を担ってきた人を見てきたのは事実です。

そこには主体性が重要となり、それまでいかにその人のファシリテーター役や進行役を主体的に見てきたかが重要となります。

自分がやったらどうやるか?この人はこうやっているんだ!など主体的にその人を見ていれば、実際その役を自分自身がやるには別の難しさはありますが、知識はゼロではないでしょう。

もし主体的に見ていても、見ていなくても、その役を担った時は、できるできないにせよ自分自身で前準備はできるはずです。

前準備をした状態で実際やって見て難しさを感じ、また次回に活かせばいいのです。

前準備は今までその役を担ってきた人に聞けばいいし、自分自身で調べてもいい。

そうしないと何回もその役を担っても自分自身でその役のレベルを向上することはできないと思うわけなのです。

また主体性は自分の意見を持ち、発言を繰り返すことがはじめの一歩だと思います。

さて今日は『板を横に貼ってみる』のお話です。

ホワイトの横の板張りの壁

僕たちが仕上げるおうちの中でよく登場するのが、横の板張り。

画像は板をホワイトに塗装したものですが、ざっくり感がまたいい。

ちょうど板と板の隙間が空いていますが、その隙間がざっくり感をより一層増してくれます。

また板を貼って、春夏秋冬を繰り返すと木は痩せますが、その痩せが年を重ねるたびによりざっくりに見えてくる。

そうした変化がおうちの中にあると、何か愛着が湧いてくるような気がするのです?(^^)

ではでは。

代表取締役社長

遠峰慶光

1976年10月15日遠峰家の長男として生まれる。
小中高校時代は野球に打ち込み、挨拶・礼儀・人間関係の大事さを学ぶ。
鹿島学園高校を卒業後、大学に進学し、東北の輸入住宅メーカーに2年間修行する。
25歳の年に地元茨城県に戻りエフリッジホームに入社。
ミッション『居心地の良さをつくりたい』を掲げ、僕たちが考える居心地のいいおうちつくるため日々奮闘中(^^)!

資料請求 イベント

家づくり
毎日開催中!

間取りのこと、お金のこと、土地のことなど
家づくりのことなら
何でもご相談ください。

平日に
じっくり相談

平日じっくり
相談会

夕方仕事
終わりでも

平日夕方
相談会

ご家族と
一緒に相談

休日充実
相談会

スタッフ紹介STAFF 会社案内COMPANY よくあるご質問FAQ 資料請求DOCUMENT REQUEST