ページトップへ

徹底解説!住宅ローンの選び方と金利の仕組み|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

家づくり・インテリアコラム

徹底解説!住宅ローンの選び方と金利の仕組み

今回は、皆さんが気になっているであろう住宅ローン。大きな買い物となる住宅購入において避けては通れないものですよね。その住宅ローンの選ぶときに大事な金利の仕組みについて紹介していきたいと思います。

住宅ローンの商品と金利を知って住宅ローンでの失敗を避けましょう

住宅ローンの仕組み

土地と注文住宅を同時に購入する場合、まとめてローンに組み込むことができます。

ローンを組むということの実態は、金融機関やローン会社と「金銭消費貸借契約」という契約を結ぶということです。

 

この契約審査時に、契約者の年収や勤続状況、信用情報などをもとに、契約ができるか否かが判断されます

ローンの審査が無事おりれば、物件の本契約に進んでいくことができます。

 

住宅ローンについて、借入額と同時に気にしなければいけないのが金利です。

審査申し込み時に、ローン商品や金利を選択することになりますが、金利には大きく3種類あることを覚えておきましょう。

住宅ローンで注目すべきは金利です

住宅ローンの金利には、以下の3種類があります。

 

・全期間固定金利型

・固定金利期間選択型

・変動金利型

 

「全期間固定金利型」

返済開始から終了まで、金利が変わらないというタイプのものです。

金利が変わらないため、支払い額も一定に保つことができます。

こうすることで、支払い計画を立てやすく、家計の管理もしやすいといわれています。

 

 

「固定金利期間選択型」

一定期間の間は固定金利とし、それ以降の支払いは、固定金利か変動金利かを選択することができるタイプです。

 

「変動金利型」

毎年見直される金利に合わせて支払いを進めていくタイプです。

何十年という期間ですので、その間に金利が下がることもあれば、上がることもありますので、まさに変動金利型となります。

 

 

どのタイプにもメリットとデメリットがありますし、契約者の年収や勤続状況、他の借入などの状況によって、金利も変わってきます。借入金額だけではなく、必ず金利を含んだトータルの金額を算出して返済のシミュレーションをすることが大事になってきます。

ファイナンシャルプランナーなどの専門家と一緒に考えていきましょう

わかならいことがあれば、ファイナンシャルプランナーなどの専門家からのアドバイスをもらうことも重要です。

低金利の時代とはいえ、ローンの商品、条件、金利などによって、返済計画や購入可能な物件も変わってくるでしょう。そんなときに、独立的な立場で提案をしてくれる専門家に相談すれば、客観的な視点でローンの相談に乗ってくれます。

頭金が少なくても、賢くローンを組むことができれば、憧れのマイホームにグッと近づいていきますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エフリッジホーム最新の話題をお届けします。