ページトップへ

家具選びでインテリアが変わる!押さえておきたい3アイテム|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

家づくり・インテリアコラム

ひとつの家具で住まいは大きく変わります。大きな買い物でもある家具は、厳選して揃えていきたいもの。今回はインテリアを変える、押さえておきたい3つのアイテムをご紹介します。

暮らしを彩るダイニングテーブル

ダイニングテーブルを暮らしの中心に据えるご家族は多いのではないでしょうか。ダイニングテーブル選びのポイントは、家族の人数やライフスタイルによって天板の大きさ・デザインを検討すること。例えば、普段はコンパクトなサイズが良いけれど、来客が多い場合は、天板の伸長できるタイプがおすすめです。

また天板デザインは、部屋の広さとのバランスが重要。ダイニングスペースに余裕がないなら丸い天板が場所を取らず人気です。スペースをテーブルのみで占拠してしまわないようサイズ選びには注意しましょう。さらに家族構成にも配慮を。例えば、小さな子どもがいるご家庭なら、角が丸くなっているものが最適です。椅子と組み合わせたときのバランスや高さ、収まり具合もチェックしてください。

「見せると隠す」を上手に使い分ける収納棚

どれだけすっきりとした空間を保ちたいと思っていても、モノは増えていきます。現時点でちょうど良いサイズの収納棚を選ぶのではなく、20%程度は余裕を持たせたサイズを選ぶのがおすすめです。

設置場所や収納するものにもよりますが、基本的には、扉付の隠す収納とオープンな飾り棚のコンビが使いやすいでしょう。お気に入りのものはオープン棚に、見せたくないものは扉付棚に収納すると、「見せると隠す」を上手に使い分けたおしゃれな空間に仕上がります。

心地良い空間に導くソファ

住まいのなかで、家族が集うリビングは心地良い空間にしたいもの。その主役とも言えるソファ選びは失敗したくないですね。形やデザイン、素材、大きさなど、さまざまな種類があるため、部屋の広さや構造に合わせたサイズのソファを選びましょう。また、搬入口を確保しておかなければ、リビングに運び込めないというトラブルも。購入時には、間口のサイズ確認も忘れずに行いましょう。

ソファ選びの最も重要なポイントは、座り心地です。硬さや柔らかさはもちろん、背もたれの高さによっても座り心地が変わります。ゆったりと体を預けたい方はハイバックタイプがおすすめ。空間に余裕がない場合は、ロータイプのものなら圧迫感がなく仕上がります。

まとめ:大型家具はアイテムによっても、選ぶポイントが異なります。ぜひ、お気に入りを見つける参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エフリッジホーム最新の話題をお届けします。