ページトップへ

ブルックリンスタイルのかっこいい注文住宅設計ポイント|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

家づくり・インテリアコラム

ブルックリンスタイルのかっこいい注文住宅設計ポイント

いま人気のブルックリンスタイル。なんといってもその秘密はカッコよさにあります。木材の温かさや自然さ、そしてそこに対比したときのアイアン素材のクールさ。さらにレンガやモルタルなど、独自のこだわりを取り込めばオリジナル性あふれるブルックリンスタイルに。注文住宅の楽しさはそんなデザインも自由に決められるところですよね。あなたはだったらどんなデザインを取り入れますか?今回の記事をぜひ参考にしていただければと思います。

明るすぎないかっこいいブルックリンスタイルの住宅

倉庫のような雰囲気で渋くキメる

ブルックリンスタイルの特徴はなんといっても倉庫のような雰囲気でクールにも渋く空間。木材とアイアン素材を組み合わせが王道なので、それだけでも自然にブルックリンらしさを演出できます。また、吹き抜けに組みあわせるとより倉庫らしいイメージに。“明る過ぎずに落ち着けるっかっこよさ”というのがポイントです。

壁紙は使わずにかっこよくキメる

ブルックリンスタイルは素材感を大事にしています。特に壁は面積も広いためその素材感も演出しやすい場所です。いま人気なのは単純に壁紙を使うのではなく板を貼るスタイル。色のアクセントとしても使えますが何より落ち着ける印象を与えますよね。リビングや団欒などの場所にはもってこいの壁スタイルです。

モルタル仕上げでクールにキメる

さらにこだわりを強めるのなら、モルタル仕上げの壁もオススメ。キッチン・ダイニングなどの水回りでは無骨でクールな印象を与えます。水や汚れにも強いので耐久性も高く機能面でもメリットがあります。ブルックリンのクールさを重視したい方はぜひマネしてみたい設計ポイントです。

レトロで味のある雰囲気がぴったりなブルックリンスタイルのかっこよさ

レトロガラスを使って室内の光を演出

ブルックリンスタイルはクールなのになぜかノスタルジックな気分にもしてくれるスタイル。何年も使われてきた倉庫のイメージは、小物から演出することができます。例えば、ランプや室内窓やドアガラスをレトロなものであしらってみましょう。温かみがありそして生活に馴染むこのデザイン、長く飽きずに暮らせるはずです。

細部のパーツにもこだわることで印象アップ

一見するとよく気づかないような場所もこだわりのパーツをあしらうと愛着感が増しますよ。洗面所は毎日使う場所。水栓器具にレトロなパーツを取り入れたり、洗面台そのもののデザインを工夫する方は多くいらっしゃいます。このようにブルックリンスタイルをベースに、みなさんなりの楽しみや彩りを取り入れてみてください。こだわりのポイントを目にする度に家づくりの楽しかった記憶もふと思い出すかもしれませんね。

スイッチ類もかっこよさを演出するアイテムに

究極のこだわりポイントはスイッチ類かもしれません。部屋の色々な場所にスイッチはありますが、必ず毎日手に触れるもの。デザイン性の高いスイッチ類も多く出回っており、ブルックリンスタイルに合わせてレトロでクールなものを合わせると効果的。細部に宿らせたみなさんのそのこだわりは、毎日触れるたびに喜びに変わるかもしれません。

見せてもかっこいい隠してもかっこいいブルックリンのデザイン

あえて見せる壁面収納やマガジンラック

見せる収納の定番といえば、マガジンラックですね。キッチンとダイニングの間の仕切り壁を利用して収納に活用するスタイルが人気です。マガジンラックは、雑誌の表紙を見せることができるので、雑貨としても機能します。お気に入りのデザインの雑誌を一番に持ってきて、クールでかっこいいお部屋の雰囲気を盛り立ててみましょう。

ルーバーで目隠ししてもかっこいい

ブルックリンスタイルに相性のいいデザインにルーバーがあります。本来目隠しをするためのものなので、ベランダなどに使われることが多いです。木製ルーバーならばブルックリンの雰囲気にも合いますし機能的にも◎。室内ドアや室内窓にルーバーをあしらうのもかっこいいですのでオススメです。

まとめ:とことんこだわり抜いてかっこいいブルックリンスタイルを

いかがでしたでしょうか。今回はブルックリンスタイルがかっこいいと言われる魅力をお届けしてきました。ブルックリンスタイルは、ウッドとアイアンの組み合わせなど、王道のクールでかっこいいスタイルがあります。しかし、その中にみなさんのこだわりを必ず取り入れてみてください。それが注文住宅の楽しさなのですから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

エフリッジホーム最新の話題をお届けします。