ページトップへ

蛍光灯を壁につけてみる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

日々新しいマシンやシステムを使っていると、使う道具も様々出てきます。

自分の中で流れが悪くなっている流れを改善してくれるシステムが世の中にいっぱいあるのも助かりますし、逆に多すぎて何を使ったらいいかもわからないのもあるでしょう。

色々情報を集めながらいろんな人が使うイメージをし、自分で試しいいと思ったものを社内で使っていくのがとてもいいと思いますが、これも日々いろんなものを使っていないとわからないものです。

ここでもいろんなものに触ることによってその特性を知ることにより、また見えない階段を上っているような気がするのです。

さて今日は『蛍光灯を壁につけてみる』のお話です

画像はよく倉庫などで見かける蛍光灯ですが、倉庫の中だと画像のようなイメージになりそうですが、おうちの中に使ってあげているイメージをイメージすると、とても無骨でレトロでかっこいい感じがします。

蛍光灯といっても白いあかりではなくて、暖色系のものもあるのでそんな電球色に取り替えてあげるとお部屋の中にイメージもとってもよくなります。

天井についているものを壁につけただけで、その照明の価値が変わることもあるのです(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから