ページトップへ

ネイティブ柄のファブリック|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は現場で立会いの前に鬼事務処理です(^^)

日々仕事をしていると、早く進みたいけど進めない状況に葛藤することが多々ありますが、しかし、今の現状を見て何が今やるべきことなのか?

ということを見定めないと、何から手をつけていいかわからなくなってしまうものです。

知ってしまったという焦りも後の引き出しとして取っておいて、今やるべきことに専念することが重要だとおもうのです。

その結果少しずつ見えない階段を登り、いずれ得た情報もできる時がくるはずなのです(^^)

さて今日は『ネイティブ柄のファブリック』のお話です。

お部屋を仕切るものとしては、ドアや壁が一般的なのですが、画像のようなネイティブ柄のファブリックで仕切るのも大好きです。

ちょっとした間仕切りやシュークロークの入り口、クロークの扉がわりにもなってくれます。

またお部屋を彩る一役も買ってくれますので、活躍を期待できる一品なのです(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから