ページトップへ

板を横に貼ってみる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

会議などのファシリテーターや進行の役を担った時、それはもしかしたら初めての経験かもしれません。

できない、わからないのは当たり前。

しかしながら今までその役を担ってきた人を見てきたのは事実です。

そこには主体性が重要となり、それまでいかにその人のファシリテーター役や進行役を主体的に見てきたかが重要となります。

自分がやったらどうやるか?この人はこうやっているんだ!など主体的にその人を見ていれば、実際その役を自分自身がやるには別の難しさはありますが、知識はゼロではないでしょう。

もし主体的に見ていても、見ていなくても、その役を担った時は、できるできないにせよ自分自身で前準備はできるはずです。

前準備をした状態で実際やって見て難しさを感じ、また次回に活かせばいいのです。

前準備は今までその役を担ってきた人に聞けばいいし、自分自身で調べてもいい。

そうしないと何回もその役を担っても自分自身でその役のレベルを向上することはできないと思うわけなのです。

また主体性は自分の意見を持ち、発言を繰り返すことがはじめの一歩だと思います。

さて今日は『板を横に貼ってみる』のお話です。

僕たちが仕上げるおうちの中でよく登場するのが、横の板張り。

画像は板をホワイトに塗装したものですが、ざっくり感がまたいい。

ちょうど板と板の隙間が空いていますが、その隙間がざっくり感をより一層増してくれます。

また板を貼って、春夏秋冬を繰り返すと木は痩せますが、その痩せが年を重ねるたびによりざっくりに見えてくる。

そうした変化がおうちの中にあると、何か愛着が湧いてくるような気がするのです〜(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから