ページトップへ

ざるでてーぶるをつくる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

いいことも辛いことも、自分自身が試されているように思います。

試される時はいつも、それは本当にやりたいのか?心が躍っているのか?そんなことを自分自身に問いかけています。

すぐに心が折れてしまうような理想像はそれほどでもなく、折れそうになってもでも諦めきれないというのが、本当にやりたい事かもしれません。

誰かのために結果的になっていても、その前には自分自身のためになっていることが重要だと思います。

しかしその理想像は、一夜にしてあらず!日々の愚直な積み重ねの結晶がその理想像につながると思うわけです。

今日も前へ進んでいきます!

さて今日は『ざるでてーぶるをつくる』のお話です。

画像は、農作業の時に登場するざるをツートンカラーにして、その上に天板を乗せたもの。

洋な空間にも和の材料がマッチしてきます。

ツートンカラーにしたざるも和→洋への手助けをしてくれます。

和でも洋でも素材感やデザインがシンプルやロングランであれば、結構マッチしてくるものです。

素材感とデザイン。

とても重要な要素だと思うわけなのです(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから