ページトップへ

庭の一部に石を敷き詰める|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日は久しぶりに早めに帰宅したら、長男がベイブレードと呼ばれる、駒のようなものを熱心にやっていました。

子供は興味があるものに正直です。

楽しいものは楽しい、つまらないものはつまらない。

はっきり表現します。

自分の気持ちに正直になることはとても大事なことだと思います。

嬉しかったり、悲しんだりする気持ちを押さえ込みすぎると、自分自身の気持ちがわからなくなってきます。

いろんな新しいことにチャレンジするときも、いろいろ頭で考える前に直感のような感情を大事にしています。

しかし、この感情も日々蓋をしてしまうと、いざという時に感じられなくなってしまうと思うわけなのです。

長男のベイブレードを見てそんなことを考えたのでした(^^)

さて今日は『庭の一部に石を敷き詰める』のお話です。

外構をする際にコンクリートや土、緑、石といったいろいろな素材が選択肢にあります。

そんな時、土の部分も良いのですが、画像のようにちょっと大きめの石をぎっしり敷き詰めるのはいかがでしょうか?

小さめの石を敷き詰めるのも良いのですが、大きめの石だとゴツゴツして無骨な感じになって、何か個人的には好きな仕上げの一つです。

お庭の一部に、ちょっと大きめの石を敷き詰める。

結構良いかもしれません(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから