ページトップへ

思い切ったドアの色|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は、これから自分で仕事を始める人とコミュニケーションしました。

しかし、すでにその仕事のスキルはあるにのどうしても一歩踏み出せずにいたようでした。

話を聞いてみると、もっとスキルを上げてから仕事を始めたいとのこと。

しかしながら、仕事となるとそのスキルもどんどん変化せねばなりませんし、完璧に成ってからではいつになっても始められないような気がします。

以前の僕もそうだったんですが、失敗が怖いがゆえに先に進めない。

そうではなくて、走りながら変化し、足らないスキルを補っていく方が賢明だと思います。

また失敗が怖いという部分も、これから起こる失敗は失敗ではなくて、イメージする自分に近づくための足跡だけのもの。

トライアンドエラーを繰り返し、どんどん質を上げて、より役に立つものへと変化していくと思うわけなのです(^^)

そんなことを昔の自分と照らし合わせ思ったのでした(^^)

さて今日は、『思い切ったドアの色』のお話です。

以前にも書きましたが、日本のおうちには、カラーが少ないような気がします。

白、茶色といった色は多く見かけますが、差し色として、赤や黒ブルーといったような原色も、白や茶色の空間にとても差し色としてインパクトを与えてくれます。

ファッションでもそう、真っ黒な洋服に真っ赤な靴とかとても効果的で素敵です。

臆せず、そんな空間に差し色を使ってみたらいかがでしょうか?

使ってみると以外といい感じだと気づくはず。

もしイマイチだと思ったら、塗りなおせばいいですしね(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから