ページトップへ

ドアにカッティングシート|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日はあいにくの雨模様。

そして面接ラッシュ。

最近は『志』がテーマです。

自分は建築において何がしたいのか?会社において何がしたいのか?そして自分の人生において何がしたいのか?

いつもこんなことを考えています。

考えるほど時が経つたびに深まり、腑に落ちていきます。

『志』は自分の心が知っています。

自分の心が楽しいか?これが羅針盤だと思います。

心が楽しく、『志』があれば、踏ん張れるし、頑張れるし、なにしろ楽しい。

その時々で、出会う人、出会う本がこの『志』を醸成してくれます。

そしてこの『志』を叶えるのが『デザイン』。

燃えてきました!

さて今日は、ニューヨーク巡業中に見つけた『ドアにカッティングシート』のお話です。

ニューヨークでは、看板もさることながら、こういった形でドアにカッティングシートが貼ってあったり、窓にカッティングシートが貼ってあるケースがとても多かったです。

また壁にアートが描かれているケースも多く、アートに対してとても比重が大きいのがわかります。

ドアも色を変えたりするのは色々とやっていますが、こんな画像のようにカッティングシートを貼ったり、ステンシルをやってみたりとまだまだ素敵な表現はたくさんあります。

しかし、全体のバランスを見ながら進めることが重要で、やりすぎてうるさくなったりするケースもあります。

近くを見て、そしてちょっと離れて見てみるのがポイントかもしれません(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから