ページトップへ

乳白色の照明|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は、全社で『コアバリュー』策定ミーティングです。

約4ヶ月が経過しようとしていますが、ミーティングのたび考え行動していくと、変化がめまぐるしいです。

良いことも大変なこともありますが、前を向いて諦めないでいけば、必ず良くなってきます。

そんなことを実感しています。

それともう一つ、最近自分が念頭に置いているのは『自覚』すること。

例えば何かができない自分がいれば、まずそれを『自覚』し、できないのであれば素直に教えて貰えばいい。

『自覚』していないと、変なプライドが邪魔をして素直に聞くことや学ぶことができなくなる。

『自覚』することで、自信喪失してしまいそうになりますが、人間いつまでたっても完璧にはなれません。

自覚することでそれを認め、成長できると思うのです(^^)

さて、今日は『乳白色の照明』についてです。

こちらは街で見かけた看板の照明なのですが、玄関の照明にこの小型バージョンはいかがでしょうか?

小型のものをそのままつけるのもよし、画像のように自分のおうちの番地の数字だけ(例えば457−4とか)のせるのもよし。

その照明を見ると、ほっこりするような、やっぱりいいよな〜って思うようなそんな照明もありです。

そんな照明をひとつご検討してみてはいかがでしょうか?

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから