ページトップへ

レトロすぎるドアノブ|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)!

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

行動すると、いろんな変化があります。

意思決定するにも、簡単なものや本当に難しいものなど様々です。

毎日、人は意思決定の連続です。

意思決定がいろんな結果に連れて行ってくれます。

特に本当に意思決定に迷うときは、日頃から意思決定の練習をしていないと、その質は下がります。

難しい意思決定に直面した時は、いろんな角度から見て、いろんな情報を入れて意思決定していきます。が、その意思決定する課題が難しいものほど、人にとっては大きな成長につながると思います。

その結果、良いも悪いも大きな成長につながるわけです。

しかし、意思決定から逃げてしまうと、いずれその意思決定は他の形で現れてきます。

自分で決めることは、とても幸せなことなのです(^^)

さて今日は、『レトロすぎるドアノブ』についてのおはなしです。

今日はいささか疲れ気味でしたので、1日休みを取りました。

久しぶりに子供達を英会話に送って行きました。

玄関を開けた瞬間、見逃しそうになりましたが、このレトロすぎるドアノブを見つけました。

シャープすぎるフォルム。

取手にホワイトプラスチックを使った大胆さ。

なんとレトロな文字。

そんなところが好きな要因でしょうか?

やはり街は僕にとって宝探しの場所のようです。

古着屋さんで掘り出し物を見つけたときのあの感覚が、街にはあります。

写真どころか、持ち帰りたいくらいの気持ちになっちゃいます(^^)(それはしませんけど(^^))

そんな感じなのです〜

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから