ページトップへ

ドアを使ったテーブル|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日から車内の背骨を作るための新しいプロジェクトが始動しました。

今回のプロジェクトの相棒はかみさんです。

素敵な会社になるためのプロジェクトは全てやりがいがあります。

もちろん難しさは伴いますが、より良くなるための動きは楽しいものです。

12月29日まで突っ走ります!!

さて今日は、アメリカ巡業中に見つけた『ドアをつかったテーブル』のご紹介です。

おうちをつくらさせていただいていて、ずっどキーワードにしているのが『再生』です。

画像はアンティークの台と足をつかったテーブルです。

アンティークをつかったところもニクいところです(^^)

アンティークもいいのですが、どうしてもコストを抑えたい方はB級品のドアなどもオススメです。

足はアイアンにしてもしっくりきましねぇ〜(^^)

ドアを使うと表面が凸凹して使いづらい!とう方も、天板にガラスを乗せてしまえば問題解決です。

既製品のテーブルもいいですが、こんな感じのテーブルもありです。

いろんなスタイルにはまってくると思いますんので、結構使えそうです!

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから