ページトップへ

ダイニングテーブルを作ってみる(大子町Hさん)|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は怒涛の事務処理です。

そして、新たなものを作り上げるためにひとつずつ形にしていきます(^^)

いろんな関係のデザインが頭の中を駆け巡ります。

さて今日は、先日お引き渡しをいたしました大子町Hさんのオリジナルテーブルのお話です。

こちらはHさんがデザインされ作られたダイニングテーブルです。

足が独特な形をしていて、とても素敵なダイニングテーブルです。

天板の木もエイジングされたものとされてないものを交互に貼られており、とても素敵な感じに仕上がっておりました。

テーブルクロスもとても素敵な感じです。

僕たちもオリジナルテーブルをつくっていますが、やはり自分たちのおうちに合うようにつくっていくと、さすがにおうちにマッチしてきます。

売っているものを買うのもひとつの手ですが、ないときは作ってしまう。

そてにしてもつくられるテーブルなどのクオリティも高くなってきました。

Hさんのダイニングテーブルを見てそんなことを考えたのでした〜(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから