ページトップへ

庭の塀を考えてみる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

明日はいよいよアメリカに旅立ちます(^^)

2年前に先送りにしてしまった『ザッポス』という会社へ訪問します。

お客様に喜んでもらえるようなおうちづくりと、そして自分たちの会社が圧倒的に楽しく働ける会社となるための第一歩です。

ザッポスの他にも、ニューヨークのブルックリンにも行ってきますので、また新たしいインスピレーションが生まれそうです(^^)とても楽しみです。

さて、今日はお庭にある塀についてのお話です。

今回は運転している時にこんな感じの塀を見つけました。

空き地に塀がかかっていますが、木と波板(板金)の感じがとてもカッコよかったので、写真を撮ってみました。

これをぼくたちのおうちに合うようにインスパイアしてみると、アルミもしくはドブ漬けの金属の支柱に板張りを施し、そこに波板のガルバ(銀色もの)をはってやるとノスタルジックな塀になりそうです。

塀だけではなく、プライベート空間を保つための壁としてでもカッコよさそうです。

新しいものもいいですが、古いものにも目を凝らして見るととっても素敵なものが、ゴロゴロしています。

みなさんも身近で古い素敵なものを見つけてみてはいかがでしょうか?(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから