ページトップへ

レザーブーツを置いてみる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は会社の環境整備の日でした。

朝から土手の草の撤去に大忙しでしたが、いい汗がかけました(^^)

運動はいいですね?。

さて、展示場がオープンして数週間たちますが、展示場にいるといろんなことを試したくなります。

今回は、私物のブーツを展示場に飾ってみることにチャレンジしてみました。

永年連れ添った相棒たちです。

最近では日々crocsやVANSを履いてしまっていますが、寒い季節になってきたので、そろそろ相棒たちにもお世話になる時期がきました。

ブーツを履いて現場作業や草刈り。当然普段も履きますが、バイクに乗っているときは、クラッチのあたりを防いでくれるし、くるぶしを守ってくれるし、あったかいし最高です。

夏は暑いのでご無沙汰してしまいますが、、、(^^)

いくつか持っている靴の中でもブーツは特に大好きです。

捨てることができず、履かなくなっても、身内の誰かに履いていてもらいたいくらい好きなのです。

完全にもっているブーツの数を考えると、ローテーションを繰り返しても履ききれないほどもっていますが、近くにある嬉しさがブーツにはあります。

味がでるし、デザインもロングランだし、ソールも張り替えられるし、大好きなことづくしです。

展示場に置いても、インテリアとしてバッチリ機能してくれます。

そんなブーツのような要素をおうちにもイメージして、デザイン&素材選びをしてしまっているような気がします。

永く大事に使ってもらって、味わい深い家になり、また誰かが大事に使ってくれるようなおうち、、、

ブーツを眺めながらそんなことを考えました(^^)

ではでは。

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから