ページトップへ

木の壁|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は2週間に一度の会議の日。

リクシルさんの勉強も組み込まれ、いろいろなことを勉強&決定していきます。

とてもスピーディに進んで行くので、スタッフのみんなもついてくるのが大変だと思いますが、いつもエキサイティングな時間です。

今日は内装の壁によく使う木の壁のお話です。

いつも内装の壁には、漆喰を使うことが多いですが、アクセントとして木の板壁を使います。

キッチンの壁に使ったり、リビングの一部に使ったり、色を変えてみたり、木の独特の雰囲気がとてもいいんですね。

最近では、エイジングと呼ばれる加工をほどこしたり、何も塗らずに経年変化を楽しんだり、グレーやグリーンを塗ってしまうことが多いです。

下の画像は、今度オープンハウス予定の小美玉市Sさんのキッチンの壁です。

スタイルに合わせて、貼り方、色を変えていくととても楽しいです(^^)

下の画像は、無印良品さんに行った際に、カウンターの板張りが可愛かったので、写真を1枚。

加工されたものなのか?味のある板が縦横に貼られています。

幅の広いところもかっこいいですね。

木も経年変化をして、1枚1枚表情が違います。

なのでお部屋の中に貼られるととてもいい感じになりますし、長い間楽しめるかもしれません。

いろいろな木の板がありますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから