ページトップへ

塗装をしてみると案外蘇ったりする|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日はつくば市Kさんと打ち合わせの後、土浦市Tさんとの食事会に向かいます。

Tさんの薪ストーブ料理楽しみです(^^)

インテリアを色々とそろえていくと、時が過ぎて飽きてしまったり、いらなくなったりすることがあるかもしれません。

そんなとき捨てずに、誰かがもらってくれたり、ひと手間をかけることによって、そのものが違った価値を取り戻すことがあります。

最近ピンタレス(遠峰慶光ピンタレスとはこちら)とにハマっていて、そのなかで面白い画像をみつけたので、ご紹介いたします。

多分、籐のかごのようなようなものを好きな色でペイントして、拭き取るようなDIYだと思われます。

籐のかご自体の雰囲気がいいので、色を変えてもとてもかわいいです(^^)

また黒やグリーン(レトロ)、ホワイトなど他の色でもいい雰囲気になりそうです。

こんな感じでこれはいらないかなぁ?と思ったときに塗ったらどうだろうか?という視点を持っていると、意外と蘇るものが多いかもしれません。

錆の雰囲気を醸し出すような手法もありますので、プラスチックの製品でも鉄っぽくするものもありますよ〜(^^)

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから