ページトップへ

シーリングファンを考えてみる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は怒濤の見積もり、プランチェック、造作デザインで1日が終わりました(^^)

おもいっきり集中したときには、終わった後にやりきった感が残ります。

さて今日はシーリングファンのお話です。

天井の高いところでくるくるとまわるこんなやつです。

デザインもさることながら室内の空気を撹拌してくれる優れものです。

特に吹き抜けや勾配天井(斜め天井)があるときは、天井につけてあげると、とても快適にくらせます。

またシーリングファンと検索すると、とても多くのデザインのものが出てきます。

10年くらい前までは、いろいろなタイプのものを使っていましたが、ここ最近は上の画像のようなシンプルなものを使うケースがほとんどになってきました。

色違いでこんなものもあります。

ホワイトタイプです。

個人的には、最近作らせていただいているおうちの内装の壁がホワイト系が多いので、ブラックのシーリングファンを使うことがほとんどです。

ちなみに僕たちのショールームの勾配天井に使用しているシーリングファンもブラックです。

シーリングファン単品で考えると、自分の好みや流行などでデザインを選ぶのに迷いますが、そのお部屋、そのおうちの全体を考えてシーリングファンのデザインを選んでいくといいでしょう。

ちなみに僕は空間にワンポイント。

そして高いところについているので、出来る限りシンプルなものを選ぶように心がけています。

全体のバランスが大事だと思うのです(^^)

ぜひ色々なシーリングファンをみてみてくださいませ〜

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから