ページトップへ

建築が終わってからもゆっくりおうちを育てる|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

今日は仕事始めの月曜日。

新鮮な感じがします。

今日は常陸太田市Eさんのおうちの中間立会日。

スタッフの星くんと高津さんがはりきって現場に向かっていきました(^^)

さて今日は「ニッチ」や「棚」のお話です。

建築中のお施主さまは燃えていますので、ニッチや棚、ガラス等をどこにつけようか悩みに悩みます。

ちなみにニッチは色々な形状がありますが、

こんな感じや

こんな感じなど

数多くのバリエーションがあります。

玄関先につけたり、トイレにつけたり、階段につけたりなど何かを飾るための要素が強いです。

こんな感じのニッチはかべをへこますようなデザインが多いですので、つけたい位置などは前もって打ち合わせを重ねておくのがいいでしょう。

また次にご紹介するのは「棚」です。

これもいろんなバリエーションがありますが、比較的当社で建てられるお施主さまに多いのが、こんな棚です。

簡単なアイアンの受けに板を乗せたもの。

とても簡単に取り付けが出来て、建築中のみならず、住んでからも好きなところに自分で取り付けられるのが特徴です。

古い木の板を使ってみたり、

もっと大きな板にして簡易的な神棚として使ったり、

本棚として使ったり、

幅広い用途に利用できます。

こういう棚タイプだけでなく、ボックス型の棚だったり、棚の要素とインテリアの要素をあわせ持ったものはたくさんあります(^^)

もしその棚を取り外したいときでも、穴が空いたところは、内装が塗り壁であったら材料を塗ってあげられるだけで容易に補修できます。

こんな感じでいまお住まいのおうちでもいろんな棚を取り付けて、インテリアを楽しんでみてはいかがでしょうか?(^^)

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから