ページトップへ

蓄熱暖房のランニングコスト|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日は常陸大宮市Iさんのオープンハウスの準備でした。

サンタの湯の麓に建つIさんのおうちは、自然の中にひっそりとたたずみます。

漆喰やS瓦がとても自然とマッチしております(^^)

さて今日は「蓄熱暖房」のお話です。

僕たちのお客様の中でも入れられている方はフル稼働していると思います。

こちらは僕たちがよく使っている北海道電気さんの蓄熱暖房機。

深夜電力を利用して蓄熱し、日中はその蓄熱した暖を放出するという仕組み。

日中、追い炊き機能(日中の電気を利用して蓄熱するもの。深夜電力契約をしていると日中の電気代は高めになります)をしない限りは、夜間の電気料が安いときに蓄熱します。

しかしながら、エアコンや石油ファンヒーターに比べると、瞬間的に暖めるにはちょっと弱いですが、蓄熱の強さは、電源をきらない限り、寒い季節はつけっぱなしというところに強みがあります。

ずっと熱を放熱していると、床や壁や天井が蓄熱体となって、冷めにくい、暖まりやすい空間を作ります。ずっと放熱しているという点がポイントなんですね(^^)

気になるランニングコストはというと、この北海道電気さんの暖きちくんを例にとると、

温度が「強」のときで、約2万円/月ほど、「中」のときで、約1.2万円ほど、「弱」のときで約5千円ほどです。

建物の大きさで「強〜弱」で良さそうなところを見つけていただきたいと思います。

エアコンに比べると電気代はちょっとかかってしまいますが、エアコンの風が嫌だというかたはいいかもしれません。

また風が嫌だという方には、「床下エアコン」もおすすめですけどね(^^)

ちなみに暖房器具の中でランニングコストが安いものは、やはり「エアコン」だと思います。

そんな形で暖房器具を選ぶのはなかなか難しいと思いますが、エアコンや蓄熱暖房を調べてみるのも勉強になると思います。

ではでは

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから