ページトップへ

ボーダーラインの壁|茨城で注文住宅ならエフリッジホーム

スタッフブログ

こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

昨日はコアバリューの大切さを再確認しました。

一度コアバリューが生み出され、時間が経過した時に機能していない部分が見えて来て、しかしコアバリューが軸にないとなかなか機能しない現実がわかり、そしてやはりコアバリューに沿ってどう我が社がやっていくべきかという所にようやく立てたような気がします。

またまたここから先はみんなで議論しながら決めて行けたらと思ったのでした(^^)

さて今日は『ボーダーラインの壁』のお話です。

色が塗られた壁に細い木のボーダーのある壁です。

和と洋の中間のような仕上がりで、その曖昧さを感じる部分がとてもいい感じです。

実は壁は色が塗られているのではなく、ベロアのような素材でした。

この素材感も斬新なのでした(^^)

ではでは。

 

 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

⇒ fridge_home 

⇨エフリッジ社長のナチュラル建築ブログはこちらから

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから