ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。
 
いつも読んでくださってありがとうございます!
 
一昨日と昨日は特に『流れに身をまかせる』ということを学びました。
 
理想と現実のギャップに悩んでも、答えは階段を登るようにコツコツやらねばならないと思います。
 
そんな時は、現実の流れに身を任せ、その中で色々なヒントが目の前にやってくると思います。
 
そのヒントこそが階段のような気がします。
 
そのヒントを拾い集め、一つ一つクリアし、そして理想の形になっていくのだと改めて思ったのでした。
 
さて今日は『時が過ぎるといいと思う外観』のお話です。
 
 
ドイツ巡業中の画像の振り返りで見つけたおうちの外観です。
 
真っ白な外壁にメタルとウッドのワンポイント。
 
屋根もシンプルな切り妻で、勾配もゆるいところがとてもいい感じです。
 
外構の塀もじゃカゴをうまく取り入れながらいい感じになっています。
 
時が過ぎてもいいと思えるような外観は好きなのです。
 
ではでは。
 
もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)