ページトップへ

スタッフブログ


こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。

いつも読んでくださってありがとうございます。

前にも書きましたが、『新しいチャレンジ』をするときには、いろんなバッシングを受けます。

新しいこと=バッシングは変化を嫌うひとにとっては、イコールと呼べるくらいに面白いくらいセットになってやって来ます。

よりよくするために頑張っている人にとっては悲しいことですが、新しいこと=バッシングがもともと起きるとわかって入ればそんなもんだと思い、新しいことをどうやったらできるかだけにフォーカスすべきだと僕は思います。

そしていくらそのことに心配したって行動しない限りはその状況が変化することはありません。

むしろ心配だけして行動しないと、その心配はつのるばかり。

心配事はあるけれど、それをどうしたらできる方向に持っていけるか?そしてそれをどう行動できるかがポイントになって来ます。

イメージできる力があるのだからできるようにするためには?というイメージだけで突き進みたいものなのです(^^)

さて今日は『木の天井と緑色の壁』のお話です。

昨日は空いた時間を利用して、久々に駅南のスタバで仕事をしました。

前から見ている木の天井と緑色の壁がやっぱりいいですね〜(^^)

特に木の天井が若干下がっているところも素敵です。

やっぱりスタバはいいなぁ〜と思ったのでした(^^)

ではでは。


もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

 

⇒ fridge_home

 

→Facebookはこちらから

 

→ピンタレストはこちらから