ページトップへ

スタッフブログ


こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。
 
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
昨日はとある方とミーティングでした。
 
未来に向かっていろんな可能性をブレストしましたが、ワクワクする感情とビビってしまう感情はいつも背中合わせだなと思います。
でも、その中で現状維持のみを考えた方が僕はより恐怖なのです。
 
なので攻めは最大の防御と心に折り合いをつけ、いつも攻めを意識しいろんな意思決定をしています。
 
数年前の時もやはり同じような気持ちでした。
 
新しいことはワクワクと恐怖がいつも隣り合わせということを思って前に進んでいるのです。
 
さて今日も『船舶系の玄関照明4』です。
 
連日の船舶系の照明で申し訳ありませんが、しばしお付き合いください(^^)
 
 
やはり透明のガラスとブラックのフレームにはどうしても目がいってしまいます。
 
今回もなかなかのレトロ感溢れる照明です。
 
玄関先にもいいですし、室内でも使えそう。
 
中に裸電球(しかも透明のガラスのもの)を使用してあげると、とても綺麗な感じになります。
 
電球の生のあかりが見えるのがとても好きなのです〜(^^)
 
ではでは。
 

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)

 

⇒ fridge_home 

→Facebookはこちらから

→ピンタレストはこちらから