ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!(^^)

茨城でナチュラルな建築を手がけている

エフリッジホームの遠峰慶光です。
 
いつも読んでくださってありがとうございます。
 
昨日は、シンクロニシティの日でした。
 
昨日勉強になったのは、やはりお互いの葛藤を恐れていると、前に進めないということ。
 
しかしその葛藤は、そのまま放っておいてもいずれはそのツケを払わなければいけないということ。
 
昨日は3人がそのか葛藤を乗り越えたような気がします。
 
うまく取り繕って、その場しのぎの人生は自己成長しないでしょう。
 
今日よりも明日1mmでも成長すれば、その分だけ幸せを感じながら、有限の人生を遅れるよいうになると思います。
 
相手のことを思って、本当のことを言うことはとても勇気のあることだと思います。
 
また本当のことを言われた側は、言ってくれた人は勇気を振り絞って言ってくれていることに感謝すべきでしょう。
 
そう勇気を振り絞って行ってくれる人は、相手の人に良くなってもらいたいと思い、自分が嫌われてもいいと言う覚悟で、言ってくれています。
 
また一つチームとして成長できたような気がします。
 
さて今日は『レトロでキューブリックな建物』のお話です。
 
 
街歩きの醍醐味の一つに、レトロなビル探しがあります。
 
窓のレトロさ素材のレトロさが噛み合って、とてもいい感じのビルが古い街にはたくさんあります。
 
僕たちはビルを作ることはないのですが、この要素を住宅にできないかいつも考えてしまいます。
 
昔良きいいものを今再現し、よりよくしたらどんな感じになるのか??
 
そんなことをレトロビルを見るといつも考えてしまうのです。
 
ではでは。